She's got She's got your eyes
これは小さな子供が日々大量に見るテレビの番組、
CMによって物の見方がTVに基づいたものになって
しまっているという皮肉の意味がこもった作品

TVの副作用

またTVには人を孤立させてしまう副作用もあるとアドバスターズでは
考えています。かつての日本ではリビングにTVがあり、家族全員で
TVをみて、家族同士の繋がりを助けた一面もありましたが、近代化
が進んで、テレビが低コスト化した今、家族の一人一人が部屋に
テレビを持つ事も少なくないと思います。そして人々が自分一人で過
ごす時間が多くなってしまいました。その結果どういった現象が起
こったのでしょうか?

 まれに自分にあまり自信のない方もいらっしゃいます。この手の
タイプの人が一人で長時間テレビを見ていた場合、テレビのドラマ
やアニメに登場するキャラクターを見て「彼らのようにならないと
ダメだ」そして、その通りに生きられない自分を卑下してしまいます。

もちろん、あれは基本的に現実ではないので、実際の社会で理想
とされる生き方とは異なる場合があります。しかし、部屋で一人で
空想の世界に入っているとその事に気がつかないし、家族の人も
指摘しない。学校などでもその手の人は、自分と趣味の合う人としか
友達になろうとしない性質があるのでなかなか他の価値観に気付き
ません。結果として、自分の殻に閉じこもってさらに自分を孤独に
おいやってしまいます。

 もちろん、上記のような症状に陥る人はほとんどいないと思いますが、
残念ながら日本やアメリカでは、現実と空想の区分けを自分の中でで
きなかった人が大きな事件を起してしまった例が過去に幾度か有りました。

よって、少数派のやる事と軽く見るのも危険であると思います。そこで
アドバスターズでは、その手の人々にテレビ以外の違った楽しみ、価値
観を見つけて欲しいという願いを込めてTV turnoff weekを開催しています。

キャンペーン期間中、本来テレビをみている時間帯に外に出かけて見たり、
あまり話した事の無い人と話して見たり、普段と違う事をして別の価値観を
みつけて、自分の幅を少しでも広げる事ができたのなら、それはasset(財産)であると思います。

                   

それで何をどうすりゃいいの?

『TV TURN OFF WEEK』 CM 集を見る。
『TV TURN OFF WEEK』 ポスター 集を見る。


関連記事
6人の若者が体験したNo TV lifeの感動ドキュメント作品 「テレビをつけない日記2003」
子供に未来をあげよう。「人生の無駄使い」


2002年度「テレビをつけない週間」活動報告を見る。


TOPへ

 

品ですyour eyes
これは小さな子供が日々大量に見るテレビの番組、CMによって見方がTVに基づいたものになってしまっているという皮肉の意味がこもった作品です