プロザックの秘密


はじめに

今回は『プロザック(PROZAC)』という薬についてお話したいと思います。おそらく名前を聞いた事がある人も多いと思いますが、一応ご説明させていただきます。

プロザックとはSSRI型抗鬱剤で、Eli Lilly社が1988年にアメリカで発売して以来、爆発的な人気を呼び、世界中で2000万人以上の人々が使用していると言われています。アメリカでは、落ち込んでいる、気分が重いという軽い患者にも処方され、"魔法のクスリ"として多くの人々が服用され、厳しい競争社会を生き抜くビジネスマンも「明るくなる」「積極的になれる」という評判から服用することもあるそうです。

ちなみにSSRI型というのは「Selective Serotonin Reuptake Inhibitors」の略となり、日本語に直訳すると『選択的セロトニン再吸収阻害物質』という事になります。人間の脳細胞にはそれぞれの細胞の間にシナプスと呼ばれる溝があり、脳細胞がセロトニンやアドレナリンといった脳内物質を生成した場合は、このシナプスを通って次の細胞に吸収されて、情報を次から次へと伝えていくような仕組みとなっています。そしてセロトニンがシナプス内に微量しか流れていないと鬱病の原因となります。そこで、SSRIはセロトニンがシナプスから減らない様にうまく調整することより、鬱や気分の暗い性格を修繕し、明るく前向きに精神状態を持つ事ができるようになるとされています。

日本でも輸入代行業者を介せば簡単に手に入ります。またSSRI系 の抗鬱剤が藤沢薬品からルボックス、明治製菓からデプロメールという製品名で販売されています。

この抗鬱剤なのですが、今回のアドバスターズの記事によるとトンデモナイ副作用があると記されています。以上の予備知識を踏まえた上で本文をお読みください。