×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2001年度のバイナッシングデイは人に物を買うなと訴えに町に出た自分が、
PS2のバーゲンを見つけてショッピングの誘惑に襲れ、アドバスターズ内
で大爆笑を買うという散々たる結果に終ってしまった。
かたやノサワさんという日本人はMVPに選ばれているというのに・・・・・
情けないったりゃありゃしないよ。トホホのホ。

しかし、こういうときこそポジティブシンキング。前回と同じ過ちを今回は
起さなければ良いのだ。まずはサルでも見習って反省を開始。
やっぱり準備期間が少なすぎたよなあ。あとアドバスターズを全く知らない人が
この↓ポスターをいきなり見せられても、なんのことかわからなかっただろうなあ。

なぜ物を買わない事に意義があるか?一番肝心な事が
なんにも説明されていないのだから、誰も理解できないの
は当然だ。全くもって紙と時間を無駄にしてしまった。

では、今回のTV Turnはどのような広報活動をすべきか?
少ない脳細胞をフル活用して導き出した方法は以下の3つ。

1.日本語でキャンペーンの趣向を説明したポスターを作成する事。
2.町中に大量に貼るといった、効率の悪い方法を行わず、
  一目の多い所に効果的に必要な枚数だけ貼る。
3.ポスターにこのサイトのURLを明記し、ポスターを見てキャンペーン
  に興味を持った人にサイトに来てもらい、より理解を深めていただく。

この流れでやれば、前と違った効果が期待できるのではないだろうか?
いや。きっとできる。人間頑張ればたいがいの事はできるんだ。