×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    

雑誌『Adbusteres』(=アドバスターズ)は【Adbusters Media Foundation】(=アドバス
ターズ・メディア・ファンデーション)という非営利団体によって出版されています。同団体
は1989年にカナダ・ブリティシュコロンビア州のバンクーバーで設立されました。

日本語に直訳すると『Ad=広告/Busters=退治屋』というタイトルの雑誌の目的は、
「人間がより人間らしくいきることのできる」オールタナティブな社会を目指すべく、
人々に呼びかけて行くのが主な目的です。

しかし、雑誌の中身はというと・・・


こういう↓パロデイ広告や

(Utter Fool=全くのバカ)

↓のような意味不明な絵が至る所で載っていたりと・・・


『座禅しているサンタの絵を書いて、どうやってより良い社会を作るんだ???』
と感じた人。もしくは、一体彼らが何をしたいのかわからない人も多いと思います。
私も初めて出会った頃は、何をやっている団体なのか、さっぱりわかりませんでした。

しかし、上のような意味不明なアートワークがやがてはオルタナティブ・ムーブメントの
象徴として世界中の注目を集めるまでに成長していくことになります。

この団体ははいったいどのように誕生したのでしょうか?

具体的にどのような活動をしているのでしょうか?

なぜ、上の写真のような作品が世界中の注目を集めるよになったのでしょうか?

なぜ『広告』を『退治』することが、人間らしい生活を取り戻すきっかけになるのでしょうか?

それでは見ていきましょう。