×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「Black Spot Sneaker」ができるまで。


これが「Black Spot Sneaker」を作っているポルトガルの工場です。

プラニング
「Black Spot Sneaker」はジョン・フルーボグ氏という
時代の最先端を行くデザイナーの革新性
と才能をもってデザインされました。スニーカーは動物性の素材を一切使わずに作成され、
そのモニタリングはイギリスの衣料品産業のリーダー的存在であるロビン・ウェブ氏によって
行われました。

工場
スニーカーはポルトガルのフェルグリラという田舎にある工場で作成されています。その工場は実に
400年の歴史を持ち、オーナーも工場を家族3世代に渡って運営してきました。また、彼らは良
い雇用主であるということで定評がありました。その工場に勤務する労働者の人々の多くは車で
通勤しているが、中には家から歩いてくる人もいます。その道中にはオリーブ林とぶどう園が広がり
工場長や近所の人に手を振りながら帰っていました。フェルグリラはとても平和な街で、犯罪もほ
とんど起こりません。一人一人が自らの人生を楽しんでいます。

設備
工場の設備は最新のものが配置されています。建物も大きく、広く、充実していて、空気も
新鮮です。工場内のどこでも音楽が流れていますが、騒音レベルも厳密に守られています。
安全に関わる装置も全て機能しており、正確に点検もされています。

就業時間
就業時間は朝8時から夜6時まで、途中に1時間半のランチタイムがあります。
残業は強制ではなく、行った場合はきちんと手当てが支給されます。
実際には上級職の社員やデザイナーが遅くまで働くくらいで、一般の労働者達は
そう頻繁に残業はありません。



給料
ポルトガルにて法律で定められている最低月給は365ユーロ(約49,000円)
この工場では一人当たり月給420〜700ユーロ(約57,000〜100,000円)に
なります。これらの給与に加えて、年間25日分の有給休暇と年2回、月給
に35%加えたボーナスが支給されています。

原価
Nike等が使用しているアジアの工場では1足当たりの原価は4.50ドルといわ
れています。(それをアメリカ国内で45ドルで売っている) 。こうしたマーケットの
非合理性は我々のプランには入っていません。原価の内訳は以下の通りです。

製造費及び原料費:16.78ドル
靴底(ゴム)の原料費:6.9ドル
天然の麻:4.74ドル
コンサルタント費:2.5ドル
その他諸経費:1ドル

合計:31.92ドル
販売価格: 47.50ド

ぼったくりではありませぬ。(^^ナットク

戻る

TOPへ